工法概要 Method

クリアフロー工法とは?
クリアフロー工法は、矩形きょの更生工法で、高密度ポリエチレン製ライニング材の背面の直線部とハンチ部に補強鋼材を連結材により一体化したライニング材を用いて、複合管を築造する管きょ更生工法です。
  • 施工前
  • 施工後

構造図

断面構造

ページトップに戻る

クリアフロー工法の特長

耐荷能力UP

  • 表面部材に補強鋼材を装着させ、さらに充てん材を注入することにより既設管と一体化させるため、耐荷能力に優れた複合管を築造します。また、補強鋼材を必要に応じて設計できるため、様々な条件に対応した断面設計が可能です。
  • 外圧試験
  • 外圧試験結果

流下能力を確保

  • 表面部材の粗度係数は下水道用硬質塩化ビニル管と同等のn=0.010※であり、更生後の流量は更生前のコンクリート管路の流下能力を確保できます。
    ※審査証明の開発項目ではありませんが(財)建設工学研究所において粗度係数を測定しました。
  • 流下
  • 更生後の流下能力(参考)

耐薬品性 耐摩耗性

  • 表面部材は高密度ポリエチレン製であり、「下水道硬質塩化ビニル管(JSWAS K-1)」と同等以上の耐薬品性および耐摩耗性があります。
  • 表面部材の薬品性試験結果
  • 表面部材の磨耗試験結果

適度な管体強度設計ができる

  • ライニング材と補強鋼材を一体化することで、複合管としての性能を最大限発揮します。
    また、審査証明の開発項目ではありませんが、必要に応じて自由に補強鋼材を設計できるため、最適な管体強度が得られます。

耐久性・耐工性に優れる

  • 表面部材であるライニング材およびかん合材は高密度ポリエチレン製で、耐薬品性・耐磨耗性等の耐久性に優れます。
    更生材(CFエレメント)を順次人力で接続して製管するため、専用機材は不要です。また、施工スパン両側の人孔を閉口できる場合では、施工スパン中央より両管口に向かって施工できるため、施工期間を短縮することができます。

ページトップに戻る

  • 用途
    大口径矩形きょ
    (□1000㎜×1000㎜以上、□5000㎜×5000㎜以下)
  • 適用範囲
    継手部の条件
    • ① 20㎜以下の段差
    • ② 150㎜以下の隙間
    • ③ 曲率半径3B(B=既設管内幅)の曲率で
      製管できる屈曲角以下の屈曲部
    • ④ 曲率半径3B以上の曲がり部
    下水供用下の施工(水深:既設管寸法の15%以下かつ30㎝以下、流速:1.0m/sec以下)
    施工延長の制限なし

ページトップに戻る

施工手順(主要工程)

1.

  • ライニング材のリング形成~管内搬入
  • ライニング材の端部同士を熱融着により接合し、リング状に成形する。
    次に、リング成形したライニング材を扁平させ、マンホールから管内に搬入する。
  • ライニング材のリング形成~管内搬入
  • ライニング材のリング形成~管内搬入

2.

  • フレームの設置
  • 管内に搬入したライニング材の融着部にはストレートフレームを、角部にはハンチフレームを装着する。
  • フレームの設置
  • フレームの設置

3.

  • リングの接続
  • フレームを接続したライニング材をかん合材により接続し、連続した管体を形成する。
  • リングの接続
  • リングの接続

4.

  • 充てん材の注入
  • 接続完了後、管内に支保工を設置し、数段階に分けて充てん材を注入する。
  • 充てん材の注入
  • 充てん材の注入

ページトップに戻る

クリアフロー工法のお問い合わせ